「ベトナム旅行は初めてで、色々不安…。」と思っているあなたに教えるベトナム旅行の基礎知識

MENU

旅の準備と途上国旅行の心得

日本は他国に比べると実に恵まれた国であり、先進国のひとつとして世界中で認識されています。

 

そのため、日本は世界中の国から厚い信頼を寄せられており、
パスポートさえあれば気軽に海外旅行を楽しめるようになっています。

 

現在の日本では毎年、多くの人が海外へと旅立っていますが、
最近になって話題と注目を集めているのが「発展途上国へ向けた旅行」です。

 

特に東南アジア方面への需要が日本国内で高まっており、
今後も注目の旅行先として「フィリピン」や「タイ」、「ベトナム」などの国々が旅行会社の間でピックアップされつつあります。

 

東南アジアイメージ

 

中でも最近では「ベトナム」へ行きたいと望む日本人旅行者が増えてきており、
旅行会社の間でもベトナム旅行を目的としたツアーやプランを組む旅行業者が増えつつあります。

 

ベトナムを訪れる人は年々増加傾向にありますが、ベトナムは他の国と比べるとまだまだ途上国ですので、旅行を楽しむ前に幾つかの注意点と旅の心得を把握しておく必要があります。

 

 

ベトナムを旅行する前にやっておく準備としては、
パスポートの準備」をまず第一に考えなければなりません。
都道府県別のパスポート申請の詳細リンク一覧

 

海外を訪れる際は自分が日本国民であるという証明書となる「パスポート」を必ず準備する必要があります。
パスポートが無ければベトナムはおろかどの国へも行く事が出来ませんので、まずは最寄のパスポート発行所で自分のパスポートを発行して貰う事が先決です。

 

 

パスポートが調達できたら、次はベトナム行きの「航空券」を準備しておく必要があります。

航空券は日本からベトナムまでの移動手段となる「航空機」に搭乗するための大切なチケットです。

 

そのため、ベトナム行きの航空券はパスポートの次に大切なものとして認識しておくことが大切です。また、余裕があれば帰りの航空券も同時に調達しておくと便利です。

 

ちなみに最近では旅行会社が組むパッケージツアーなどに申し込むと、パスポートの発行を代行してくれたり往復の航空券が格安で入手できたりするので覚えておくと便利です。

 

 

また、ベトナムを訪れる場合はパスポートや航空券などの旅行に必要なものを準備する事も大切ですが、「途上国を訪れる際の心構えや心得」についてもしっかりと把握しておく事が大切です。

押さえておくべき旅の心得としては、まず第一にベトナムは日本とはまったく別の文化や環境、
考え方を持っている「外国」だということをしっかりと認識しておくことが重要です。

 

ベトナムは途上国が多い東南アジアの中でも新興国として知られており、
日本と比べると文化や考え方だけでなく「インフラ」などの面でも数多くの違いを感じることが多いはずです。

 

時には不愉快な思いをしたり、不便に感じてしまう場面に出くわしてしまうかもしれませんが、
そうした状況に陥っても笑顔で切り抜ける為の「心得」をしっかりと身に付けておけば、
ベトナム旅行がより一層、楽しく感じられるはずです。

 

 

パスポート

 

 

ベトナムに住む人々は日本とは異なる文化や考え方で生活を送っています。

そのため、せっかくベトナムを訪れるのであれば「現地の人たちと触れ合う事」を積極的に楽しむ事が大切です。

 

商売人だけでなく、街を行き交う人や公園で休んでいる人に話しかけてみると、異文化に触れるキッカケにもなるので面白いかもしれません。

 

また、ベトナムは基本的に親日国なので気軽に現地の人々に話しかけることで「友達の輪」を広げる事に繋げられるはずです。

⇒ 覚えておきたいベトナム語

 

 

ベトナムではシクロやバイクタクシー、街の中で商売をしている売り子などが積極的に声を掛けてくる場面が多々あります。
しかし、必要が無ければ「毅然とした態度で断る事」が大切です。
あちらも生活が掛かっていますから、あの手この手で商品やサービスを売ろうとしてきます。

 

しかし、そこで甘い気持ちを見せるのではなく、必要のない物やサービスは要らないという事をしっかりと相手に伝える事が「楽しくて経済的なベトナム旅行」へと繋がるのです。

 

 

また、海外旅行での“盗難・紛失トラブル”はよくある話です。

・ 現金は最低限しか持ち歩かず、盗難・紛失時にすぐ止められるクレジットカードを利用する
・ 貴重品はリュックではなく、自分の目の届くショルダーバック等を使って持ち運ぶ

など、しっかりと対策をしておきましょう。

 

万が一盗難・紛失にあってしまい、帰国しても鍵がなくて家に入れない…
そのような場合は、鍵開け業者への依頼が必要となる場合もあります。
参考サイトはこちらです。 ➾https://www.unlock-rescue.com