ベトナムの治安は良い方ですが、交通ルールが確立していないので交通事故が多いです。

MENU

ベトナム旅行の注意点

時代の移り変りと共に海外旅行が一般的になる中、フィリピンやベトナムをはじめとしてタイやラオス、カンボジアなどの「東南アジア方面」への旅行を希望する人が増えてきています。

 

その中でも特に「ベトナム」を訪問先として選択する人は多く、ベトナムの魅力に惹き付けられる人が急増しています。

 

多くの日本人を惹き付けるベトナムですが、旅行の計画を立てる前に幾つかの注意点について把握しておく必要があります。

 

ベトナム旅行を計画する前に、まずはベトナムという国の文化や特徴についてしっかりと把握しておく事が大切です。

 

パースポート

ベトナムは途上国の多い東南アジアでも新興国として知られており、法やインフラの整備が先進国と比べてまだまだ不十分です。そのため、ベトナムで「忘れ物」をした場合はまず見つかる可能性は無いと思った方が良いでしょう。
ベトナムを訪れた際はパスポートや現金などの大事なものは肌身離さず持ち歩き、置き忘れないように気をつけることが大切です。

 

 

シャワー

また、日本とは違ってベトナムでは清潔な水の確保が簡単ではないので、ホテルなどのシャワーやバスタブでは水の出が悪いと感じることも多々あります。
そういった事態を回避したいのであれば、混み合う時間帯やお風呂の利用が重なりそうな時間帯を避けて使用することが大切です。
また、バスタブやシャワーを連続的に使用した場合でも水の出が悪くなってしまうことがあるので気をつける必要があります。

 

 

自転車

ベトナムには凶悪な犯罪がほとんどなく、他の国と比べると治安はかなり良い方だと言えます。
しかし、バイクや自転車が多く交通ルールが確立していないので「交通事故」が非常に多いのが現状です。
そのため、道路を渡ったり知らない道を歩く際は左右だけでなく前方や後方にも十分に注意しながら歩く必要があります。

 

また、ベトナムの路上ではスリやひったくり等が横行している地域もあるので、持ち物には常に意識を配りながら歩くことが大切です。