”もや”が発生した時に浮かび上がる奇岩や風景は、とても神秘的です。

MENU

ハロン湾の観光地

日本では長らく海外旅行がブームとなっていますが、最近では比較的安い価格で旅行が楽しめるフィリピンやタイ、カンボジアやラオス、ベトナムなど「東南アジア方面」へのツアーや旅行プランが若い世代を中心に人気を集めています。

 

中でもベトナムに対する興味や関心を抱く人は多く、
ベトナムの有名な観光地である

  • ハロン湾
  • ハノイ
  • ホイアン

などを訪れる人が年々増加傾向にあります。

 

ベトナムには数多くの観光地や歴史的な価値の高い建造物が存在しますが、多くの日本人がベトナム旅行でもっとも訪れたい観光地としてその名を挙げるのが「ハロン湾」です。

 

ハロン湾はベトナムの北部にあり、中国との国境から程近い場所にある広大な景勝地として知られています。
ハロン湾には大小2000以上の「奇岩」が浮かんでおり、その壮大なスケールで広がる景色はベトナムを代表する景勝地といっても過言では無いほど見事なものとなっています。

 

ハロン湾はベトナムの首都であるハノイから車で約三時間半ほどの距離になり、現地では日帰りのクルーズでも十分に楽しめるプランが用意されています。

 

 

 

 

しかし、せっかくベトナムを代表する観光地を訪れたのなら、クルーズ船で1泊~2泊くらいはしてハロン湾を十分に楽しんでみるのも良いかもしれません。

 

クルーズ船に宿泊するプランであれば、広大なハロン湾の中で水平線に沈む夕日を楽しんだり、夜になれば満点の星空の下で雄大な自然の息吹をその肌で感じることが出来ます。

 

また、天候が良い日には月が覗くこともあり、月光に照らし出される海は何とも言えない神秘的な雰囲気を醸し出します。

 

朝方にはもやが発生し、そのもやの中に浮かび上がる奇岩や風景はとても神秘的なものに感じられます。もやに霞んだかと思えば、次の瞬間には太陽の光に照らされてくっきりとその姿を現す奇妙な岩の数々。

 

時間帯や天候によってもその表情を幾度にも変えるハロン湾は、きっと一日中眺めていても飽きないほどの魅力を感じさせてくれるはずです。