古都ホアルー遺跡には宮殿や寺院、廟など10世紀頃に建てられた歴史遺産が数多くあります。

MENU

ニンビンの観光地

 

ベトナムのニンビン

 

ベトナムのニンビンという町をご存知ですか?

ハノイから南に約93キロの場所にある省都です。

 

ここではニンビンの観光地をご紹介したいと思います。

 

 

ニンビンの基本情報

 

気候は湿気が多く雨季(5月~9月)と乾季(10月~4月)があります。
12月~3月は比較的すごしやすいですが、4月~11月は蒸し暑く感じられます。
夏季に観光する際は強い日差しが照りつけるため、日焼け対策を忘れないようにして下さい。

 

 

古都ホアルー遺跡

 

ベトナムの建国の礎になった場所であり特別歴史資産に指定されている遺跡です。

 

ベトナム建国最初の首都であったことから、宮殿、寺院、廟など10世紀頃に建てられた歴史遺産が数多くあります。

 

現在は内部に王や皇族が祭られており、他にも大きな銅製大仏、高い釈迦像、大きい手工鋳造の銅鐘、羅漢が数多く飾られており、その数はベトナム国内一の記録を持つほどです。

 

 

タムコック

 

「陸のハロン」と呼ばれる石灰岩でできた岩山があります。
流れが緩やかなゴードン河が3つの洞窟に流れることから「タムコック(3つの洞窟)」と呼ばれています。

 

観光エリアの入場料は1人12万ドンで、小船に乗って流れの緩やかな川を上るクルージングはおよそ2時間で1隻15万ドンです。

 

鍾乳石などが見られる洞窟や川に点在する花崗岩、それを囲む田園風景をゆっくり楽しむことができます。

 

 

ファットジエム教会

 

精巧な彫刻が特徴のヨーロッパ調のゴシック建築と、ベトナムの寺院をイメージした伝統的な建築が融合された大聖堂です。

 

ベトナムで最も美しい教会の一つと言われており、多くの観光客が訪れる場所です。

 

 

クックフオン国立公園

 

ベトナムで最初に認定された国立公園です。
数多くの種類を展示している植物園希少な動物が展示されている動物園があります。

 

また、樹齢1000年以上のチョーという大樹や古代のベトナム人が暮らしていたとされるグオイスア洞窟もあります。